GJ

芸能情報ブログ

【BG】の「誤差なし」が良い!中指の輪ゴムの意味とは?

f:id:yuhei2261:20180118214835j:plain 

1月18日からスタートしたドラマ【BG 身辺警護人】

 BGの「誤差なし」と時計の時刻を合わせる仕草がかっこよすぎました!

それと中指に輪ゴムをつけてる意味が気になる。

「BG」の1話のあらすじと感想を書いていきます!  

 

スポンサーリンク

 

 

【BG】1話のあらすじ

河野純也(満島真之介)のボディーガードをしている島崎章(木村拓哉)のシーンからスタート。

しかし、現在の島崎章は真冬の寒空の下、警備員をしていた。

 

工事で通れないと言ってるのに、強引にやってきた数台の車。

章はその車が記者に追われてる事情を察し、車を通してしまう。

社長に呼び出され怒られると思ったら、身辺警護課を立ち上げると言われ誘われる章だった。

 

「ボディーガードの世界では、失敗を犯したものは、現場には戻れません」

過去のサッカー選手の河野を警護したときの失敗を思い出すも、社長に猛プッシュされ、ボディーガードの世界に戻ることになる。 

 

身辺警護課に集められたのは、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そして村田五郎(上川隆也)。 

 

国のボディーガードとは違い、民間のボディーガードは武器を許可されていないので、丸腰という常に危険と隣り合わせ。

それでも、体力と勘を取り戻すため、鍛錬に励む章。

 

厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)のところに、元ファン代表という者から隅田川のマラソン大会には出席するな。大臣を辞めなければ命はないぞという脅迫状が届く。 

しかし、脅迫には屈しないと強気の姿勢を取る。

 

そして、章のボディーガードとしての最初の仕事は、隅田川マラソン大会に出席するサスケフーズの会長、大久保佐助(伊武雅刀)が立原愛子の巻き添えをくらいたくないと警護を依頼してきたのだった。

 

章は、会長がマラソン大会に出席しないという選択肢はないか?と問うが、会長の思い入れは強く、出なければいけないという。

 

「ボディーガードは向いていない」 と章に厳しく話しかけるも、「ボディーガードが倒れちゃったらクライアントが剥き身になっちゃうでしょ」と意見が食い違う高梨と章。

「俺は怖くない人と組むの怖い」

自信満々の高梨に不安を覚える章。

 

警視庁のSP、落合義明(江口洋介)に民間のBGは、と街の用心棒でもやれると言われてしまう章は、現場に行き、あらゆるケースを予測しながら警護方法を考える。

 

高梨は身辺警護課を辞めたいと言い出し、島崎がリーダーを任されることに。

緊張している章に驚く菅沼まゆと沢口正太郎だったが、「(緊張感がないと)危険に対する判断を謝る可能性がある。緊張してるぐらいがちょうどいい」と村田五郎がメンバーの気持ちを引き締める。

 

落合に現場で出会い挨拶をする村田。

村田は元SPだった。

 

章の携帯に辞めたはずの高梨から電話が。

ネットに不審な書き込みをしたヤツがいるとの情報を教える高梨。

 

立原愛子がマラソン大会の挨拶を無事終えたかと思われたその瞬間、スタジアムで煙が上がる。

「ここにいたら危ないぞ」という声を聞き、パニックになる観客たち。

 

SPを振り払って逃げた立原大臣。

章が立原大臣のところに行くと、記者の犬飼悟(勝地涼)の姿が。

「僕が大臣にしてやったのに」と大臣を人質に取るも、章に確保される。

 

民間の身辺警護は反対だ、金銭で人は守ろうとする用心棒に活躍の場は無いと言う落合に、「敵から身を守るために用心する棒切れのことを用心棒って言うんです」丸腰だから人を守れることもあると言う章。

 

章は、ネットの書き込みを教えてくれた高梨に、感謝してる気持ちを伝えたのだが、「辞めたのはあなたと組みたくなかったからです」と言われてしまう。

高梨は、章が元SPだというのを隠してることが気に入らなかったのか?

 

スポンサーリンク

 

 

【BG】誤差なし、時計への感想

 

 

みなさんも“誤差なし”が気になっていました。

 

f:id:yuhei2261:20180201183658j:plain

中指の輪ゴムの意味が気になって「ボディーガード 輪ゴム」でネットで検索してみたのですが、理由は書かれてませんでした。

 

 

ツイッター上では、あの輪ゴムはマイクを固定するために使ってたんじゃないか?と言う人が多かったです! 

 

「誤差なし」と「中指輪ゴム」は毎回登場するんだったら、BGの代名詞となるかもしれませんね。

インスタで大流行したりして!

 

キムタクが着けてる時計を調べてみたら、オメガの時計と書かれていたのですが、、、高い( ゚д゚)

でも、木村さんが着けてると思ったら欲しくなってくるから不思議です! 

 

ドラマの感想は、ずっと目が離せない内容であっという間の時間となりました!

気になったのは、ただの記者の勝地涼さんが、凄腕SPのキムタクさんと対等に殴り合ってる姿に違和感を感じたのと、斎藤工さんがBGを辞めたけど、早く戻ってきて〜ってところかな。

久しぶりにキムタクドラマを見てる!って充実感を覚えられて、興奮してます^^

 

スポンサーリンク