GJ

芸能情報ブログ

【ファイナルカット】小河原家のお兄ちゃん、祥太は何者?もうすでに・・・

f:id:yuhei2261:20180109221944j:plain

1月16日に放送されたドラマ【ファイナルカット】第2話。 

小河原家のお兄ちゃん、祥太が何者なのか気になってきました!

ファイナルカット2話のあらすじと感想を書いていきます。 

スポンサードリンク

 

【ファイナルカット】の見逃し配信

ファイナルカットを見逃した、もう一度見たいという方は[PR]FODで配信中!

しかも今なら、31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

『コード・ブルー』『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの過去の人気作品も見られるので、興味がある人はぜひお試しください!

 

【ファイナルカット】2話のあらすじ

12年前の事件が起きた現場の2階にあった小河原法律相談所からヒントを探るべく、若葉(橋本環奈)から情報を引き出そうと家族について聞く中村慶介(亀梨和也)。

 

そんな中、ネットに新たな相談が投稿された。

大家女性が亡くなった事件で、犯人はアパートの立ち退きを渋っていた住吉という男。

逮捕寸前というところで、『ザ・プレミアワイド』のディレクター・真崎久美子(水野美紀)が取材を控えるよう警察に言われていたのに、直撃取材をしたことで、半んインの住吉は逃走したという。

 

真崎久美子のスタンドプレーについて百々瀬塁(藤木直人)はやり過ぎだというも、全く懲りてない真崎は、住吉を見かけたら連絡がほしいと住民にビラを配る。

そんな真崎を尾行する慶介

 

真崎の元に犯人から電話がかかってきて、百々瀬塁(藤木直人)が警察に根回しをしたことで、インタビューできることに。

立ち退き交渉がこじれが動機かと思われていたが、大家さんと犯人は不倫関係で付き合っていた!

そして、別れ話になり、気づいたら命を奪ってしまっていたというのは、犯人のサービス精神からの嘘の演技だった。

 

真崎に録音した音声を聞かせ、部屋へ呼び出した慶介は、盗撮した真崎の裏の顔や犯人にお金で交渉した場面を編集したファイナルカット動画を見せる。

 

慶介の母親も真崎に同じようにインタビューを受け、悪いように編集され使われていた。

お母さんの最後の望みを踏みにじり、それで絶望したお母さんは自ら命を絶ってしまった・・・

怪しい男については報道しなかった真崎にキレる慶介。

「真実はこういうことをいうんだよ!あんたにはまた会いに来る」

 

真崎が取材したスクープはボツに終わる。

雪子(栗山千明)の元にやってきた慶介。

 

そして、小河原家のお兄ちゃんは何者なのか?

スポンサードリンク

 

【ファイナルカット】小河原家のお兄ちゃんへの感想

 

 

 

娘の橋本環奈も知らない小河原家のお兄ちゃんって一体何者なんだろう?って気になったのですが、同じように気になる人が多くいました!

 

そんなひた隠しにしてるということは、もしかしてもうこの世にはいないんじゃないの?って思いたくなりました。