GJ

芸能情報ブログ

ドラマ【海月姫】髪の毛で顔を隠してる「尼ーず」誰か分からないけどキャストが豪華だった!

f:id:yuhei2261:20180115210240p:plain

出典:フジテレビ

1月15日からスタートしたドラマ「海月姫」の1話がスタートしました! 

髪の毛で顔を隠したオタクの「尼ーず」が誰か分からないけど、調べてみたらキャストが豪華でビックリでした( ゚д゚)

 

スポンサーリンク

 

 

ドラマ【海月姫】のあらすじ

倉下月海(芳根京子)は朝ベッドで目を覚ますと見知らぬ男が裸で寝ていて悲鳴をあげて驚く!

 

熱帯魚屋さんのクラゲをクララと呼び可愛がっていた倉下月海は、気持ち悪い態度に店員に投げ飛ばされてしまう。

 

f:id:yuhei2261:20180115214916p:plain

出典:フジテレビ

そこに現れた美女?の鯉淵蔵之介(瀬戸康史)は月海の家「天水館」までついてきて寝てしまう。

 

その謎の美女が、朝起きると男性の姿をしていたのだった!

鯉淵蔵之介は女装好きの男性だったと判明。

 

「天水館」は目白先生が許可した者だけが入荷できる家だったのだが、「気に入った、また遊びにくるね」という言葉を残し、すぐにまた遊びにやってくる。

天水館にいる女性たちはBL漫画家、目白先生の手伝いと親からの仕送りで生活していると聞き、「ただのニートで引きこもりじゃん」とキツイことをさらっと言ってしまう鯉淵蔵之介。

 

f:id:yuhei2261:20180115215035p:plain

出典:フジテレビ

オタクの彼女ら、ジジ(木南晴夏)、ばんば(松井玲奈)、まやや(内田理央)

千絵子(富山えり子)月海「尼〜ず」と名乗っていた。

 

鯉淵蔵之介は有名政治家の息子で、弟の鯉淵修(工藤阿須加)

を見た月海は、修のことをアマクサクラゲに似てると一目惚れする。

 

クラゲの展示会を見たいという月海を渋谷まで連れていった蔵之介だったが、放置され結果クラゲ展を見ることなく帰ってきて、倒れこむ月海。 

 

月海を見て、勿体無いと思ったのか蔵之介は月海をお姫様にしようとヘアメイクや化粧などをして変身させる。

綺麗になったけど、自分を受け入れられない月海は逃げるように帰っていく。

その姿を見た月海に一目惚れした?

 

月海が屋敷を出る途中に靴を落とすというシンデレラのような展開になり、靴を届けに行く

だったが、「尼ーず」に接触し、「気色悪い」と言ってしまう。 

 

蔵之介は、修を月海とくっつけてやることを条件に、母親がどこにいるか教えろと迫る。 

蔵之介は月海を水族館に誘い、運転手として修を連れ、2人をくっつけようとする。 

しかし、月海に近づかれ、ドキドキする蔵之介。

兄弟で好きになってしまうのか?

涙を流す月海を後ろから抱きしめる蔵之介。

 

そして、月海たちの住む「天水館」が市街地再開発事業により潰されそうになっていた・・・ 

 

スポンサーリンク

 

 

髪の毛で顔を隠してる「尼ーず」への感想

 

 

 

髪の毛で顔を隠した「尼ーず」のメンバーがずっと気になっていたのですが調べてみたら、

ジジ(木南晴夏)

ばんば(松井玲奈)

まやや(内田理央)

となっていました。

 

全く顔が見えないのに、人気女優やSKE48のアイドルを起用するという無駄遣いをやってのけるのに感動しました!

 

原作の「海月姫」を読んでる人も納得されてる方が多かったので、再現度は高かったんだと思います!

 

それと鯉淵蔵之介を演じる瀬戸康史さんの女装姿が可愛すぎてたまげました。 

声聞かなかったら普通に惚れる自信があります♡

 

gj.hatenablog.jp

 

スポンサーリンク