GJ

芸能情報ブログ

ドラマ【99.9】木村文乃より榮倉奈々の方が良かったの声!子育てで代役か? 

f:id:yuhei2261:20180114183804j:plain

出典:T-SITE NEWS

松潤主演のドラマ「99.9」がシーズン2となって帰ってきました!

シーズン1では、深山(松潤)のお父さんは無実なのに、冤罪で犯罪者にした検事に宣戦布告して終了しました。

2話はどうなるのか注目していましたが、ヒロイン役は木村文乃さんより榮倉奈々さんの方が良かったな〜。 

スポンサードリンク

 

ドラマ「99.9 シーズン2」のあらすじ

「いただきマングース」出たー! 

調味料を持ち歩くのは、99.9シーズン1から変わらずの深山大翔(松本潤)

深山が変わった男というのもあり、刑事事件専門ルームの室長がすぐに変わってしまうということで、佐田篤弘(香川照之)が嫌嫌戻ってくることに。

 

父親が人の命を奪ったとして逮捕されたと娘の加代と付き添いに元裁判官の尾崎舞子(木村文乃)が相談にやってくる。

裁判官目線で尾崎がこの事件を見ると、有罪ではあるけど、刑期を懲役20年ぐらいにしてもらいたいとの依頼だった。

 

依頼人の加代の父親は、沢村ファイナンスから1000万円借金をしていて、その社長が亡くなったことで、疑いをかけられていた。

「俺は絶対やっていない」と主張する鈴木。

人員不足と、優秀な裁判員だったことを考え、尾崎舞子を雇うことに。

 

事件を再現し、何かおかしなところはないかと探る深山。

なかなか真実にたどり着けない深山だったが、写真の撮り方をみてピンとくる!

 

鈴木さんの会社の部下、伊藤亜紀(新妻聖子)が撮影したという写真のカメラの角度が、身長が180cmはあると推測。

 

写真の後ろに写っていた男の映像を確認すると、鈴木と阿部充(長塚圭史)が一緒にいたことが分かり、鈴木さんを会社で見ることは不可能だった。

 

沢村の命を奪った犯人は、阿部だった!

動機は給料が安いからと不満を募らせていたという。

 

お決まりの握手する深山と佐田。

そして、今回の深山の敵は裁判官の川上憲一郎(鶴瓶) となるのか・・・。

スポンサードリンク

 

ドラマ「99.9」の感想。木村文乃より榮倉奈々の方が良かったの声

 

 

 

 

榮倉奈々さんが出てないことの悲しみに溢れていました。

 

f:id:yuhei2261:20180114214916j:plain

ビオレCMで榮倉さんが出た時は、自分の嬉しかったです^^

 

内容は相変わらず面白かったと思うのですが、依頼人でもなんでもない付き添いの尾崎舞子(木村文乃)がグイグイ出てくる感じが不自然で、ちょっとイライラしちゃったw

でも、木村文乃さんは可愛いからいいんだけど、ちょっと役がツンツンしすぎてるように感じました。 

 

まだ1話と始まったばかりなので、慣れてないだけだと思いますが、まだ木村文乃さん演じる尾崎が入ってこないな〜。

榮倉奈々さんは子育てをしてるから、ドラマには出演できないのでしょうね。

ということは、木村文乃さんは最初は出る予定じゃなかった代役ってことになるのかな?

 

あと「僕にとっては有罪か無罪かは関係ない。知りたいのは何があったかという事実だけ」という松潤のセリフを聞いて、ガリレオの福山雅治さん演じる湯川とちょっと似てるところがあるなと感じました。

 

gj.hatenablog.jp