GJ

芸能情報ブログ

【アンナチュラル】赤い金魚を探す中堂の狙いは?

f:id:yuhei2261:20180112180357p:plain

出典:TBS

1月12日から始まったドラマ「アンナチュラル」

不条理な死に立ち向かうUDIの仕事っぷりがカッコよかった〜。

そして、「赤い金魚」という謎がなんなのか? 

アンナチュラルの1話について書いていきます! 

スポンサードリンク

 

【アンナチュラル】1話のあらすじ

三澄ミコト(石原さとみ)を、異性間交流会(合コン)に誘う東海林夕子(市川実日子)だったが断られてしまう。

 

ミコトの仕事は、法医解剖医。

不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)=通称UDIラボというところで働き、全国の異常な遺体を解剖するという過激な職場だった。

 

解剖されることは少ない地域では2%と、少ないのが現状の中、一人暮らしの息子、高野島渡の死因に納得がいかない両親がUDIラボにやってきた。

 

死後10日過ぎた遺体をやりたくないのか中堂班の中堂系(井浦新)と、どちらが解剖するか不穏な空気となる三澄班のミコト。

「虚血性心疾患」との診断だったが、急性腎不全だと判明。

  

高野島と一緒に働いていた女性が、高野島さんが亡くなった翌日に同じ死因で亡くなり、関連性がないか疑ったが、その女性はすでに火葬されていた。

 

毒物が原因だったんじゃないかと疑うミコト達。

高野島の家を調べていると第一発見者の彼女、馬場路子(山口紗弥加)と出会う。

久部六郎(窪田正孝)は高野島さんが亡くなった部屋で寝ようとする神経を疑い、馬場路子のアリバイを聞くと不敵に笑う馬場。

 

馬場路子はポリエステルなどの薬品を扱う仕事をしていて、使用するエチレングリコールは体内に入ると30分で消化器や中枢神経に異常が出て、呼吸障害が起き、腎臓障害も起きるという・・・

 

高野島と一緒に働いてた女性が同じお菓子を食べていたので、エチレングリコールが入っていると疑われたが、入っておらず。

 

お菓子のクッキーは、高野島さんが出張先のサウジアラビアで買ってきたもので、MERS(中東呼吸器症候群)が原因だった。

 

日本にMERSを持ち込んだとして、高野島の両親はマスコミに晒されることに。

高野島は帰国後、ちゃんと健康診断を受けていたにも関わらず、MERSは発見されていなかった。

 

病院で多くの患者が亡くなっていて怪しんでいた中堂の助言により、火葬寸前の遺体を回収し解体してみる、東央医科大学病院で院内感染が原因だった。

 

ミコトは彼氏の関谷聡史(福士誠治)と結婚に向けて、家族に紹介しようとしていたが、破談になってしまう。

 

f:id:yuhei2261:20180112233815j:plain

中堂がフォレスト葬儀社の社員、木林南雲(竜星涼)に頼んでいた「赤い金魚」とは一体何なのか?

スポンサードリンク

 

【アンナチュラル】1話の感想

 

 

 

中堂が探していた「赤い金魚」気になってる人が多くいました。

この赤い金魚というのは、これから何か出てくるのでしょうが、1話完結でも謎があった方が面白いですよね!

  

 石原さとみさんが「ぴったんこカンカン」で、アンナチュラルは海外ドラマのような仕上がりと言われていたので、予想通り面白かったです!

 

中堂を演じる井浦新さんと1話ゲストの山口紗弥加さんの演技がカッコよかったな〜。

「法医学は未来のための」

来週も楽しみにしてます^^ 

 

gj.hatenablog.jp