GJ

芸能情報ブログ

企業クレーム評論家の谷厚志がホンマでっかに!元芸人で干された過去とは。

 

 

スポンサードリンク

 

 

どうも、GJです!

 

なんか辛いことがあると、ついつい見てしまうのが録画してる「SMAP✖︎SMAP 最終回」 

 

5人旅で仲良く旅する姿に癒されると共に元気がもらえる。有馬温泉でのカラオケで、中居くんがBEST FRIENDを聞いて涙を流すところ見ると、こっちも泣けてくる。

 

そして、もう5人揃った姿が見れないのかと思ったらまた涙が出そうになってくるから切ない。 

 

それじゃ今回は、ホンマでっかに登場する企業クレーム評論家の谷厚志さんについて書きます。

 

 

ホンマでっかに新たな仲間!企業クレーマー専門家とは?

ホンマでっかTVといえば、面白いのが評論家たち。ものすごく偉い先生方なのに、個性強めの面白い人が多いのが好きです。 

 

 

f:id:yuhei2261:20170904190449j:plain

脳科学評論家の澤口先生も、その世界ではとんでもなくすごい人なんだろうけど、さんまさんの番組に出ると、面白い芸人さんのような扱いをうけてるしw 頭が良すぎて、一周回っておバカに見えちゃうんだろうね。

 

そんなホンマでっかに、新たな評論家がやってくる!9月6日放送の回は、強者モンスタークレーマーについて話すコーナーがあり、そこに登場するのが企業クレーム評論家の谷厚志さん。

 

 

f:id:yuhei2261:20170904180125j:plain

(出典:http://zuchaga.com/presentation/tsutaya-business-college/1506/

明るそうなキャラクターだなw きっとホンマでっかで、さんまさんにイジられそうな予感がする!

 

予告を見ると「無料サンプルを使ってみたが効果がない」と訴えるクレーマーと戦った話などをされるそうです。

 

試供品でそこまで言える人の神経がすげーわ。最近、引っ越したんだけど、俺も人のことは言えないけど、安っすいアパートだからか、深夜4時とかでも明かりの付いてる部屋がいくつもあるし、ゴミの捨て方も滅茶苦茶だし、おかしい人が多いと思って震えてるw おかしい人が一番怖いよ。

 

スポンサードリンク

 

 

谷厚志は元芸人で干された過去

f:id:yuhei2261:20170904190635j:plain

(出典:https://ameblo.jp/c-eyespro/

ここからは、谷厚志さんがどういう人なのか見ていこう! プロフィール情報を調べてて、芸人っぽい人だなーと思ったら、本当に元芸人さんでビックリ!

  

関西で活躍していた芸人が、大手企業のお客様相談室で働くことに! 2000件以上の超絶クレーマーと対峙し、一時は出社拒否になりつつも、ついに「怒るお客様を笑わし、常連客にしてしまう必殺の方法」を編み出す。

 

その後、彼はクレーム対応のプロとして独立。大手外資系企業・通販会社・旅館・ホテルなどを中心に「クレーム対応講座」を持つ大人気コンサルタントとして活躍する。

 

学生時代からタレントとして活動してたけど、大手新聞社のパーティーの司会の仕事をした時に、スポンサーの名前を間違えたのをキッカケに干されてしまい、芸能界を引退。テレビのアナウンサーだって名前を間違えても訂正して笑ってるのに、場合によっては大ごとになる怖い世界なんだな。

 

ちなみに芸能界を辞めて入った大手企業とは、リクルート!そんな大手に入社できることが素晴らしい。良い大学とか出てるのかな?って学歴が気になるところだったけど、そこは公開されてませんでした。 

 

今は、リクルートは辞め、コンサルティングサービス会社「コンシューマーアイズプロ」を立ち上げ、全国の企業にクレーム対応についての講演をしたり企業研修をされてるんだとか。

 

 

f:id:yuhei2261:20170905140119j:plain

杉村太蔵が、講演会1回で80万もらってて、年収が1億円以上って有吉ジャポンで言ってた。講演会が儲かるなら、谷厚志さんは年間150回以上の講演って書いてあったから年収もすごいんだろうな。その他にも、本も出版してる!

 

 

「怒るお客様」こそ、神様です! クレーム客をお得意様に変える30の方法

 

お客様は神様です!って言葉は聞いたことあるけど、怒るお客様こそ神様ってのは初めて聞いた。

 

谷厚志さんの考え方は、クレーマーを撃退する方法ではなく、クレーマーの人と仲良くなって、ロイヤルカスタマー(常連客)にしようじゃないか!と聞いて、画期的だなと思った。

 

何か不満なことがあったら、もう二度とそこを利用しない!で終わっちゃうけど、クレームを言う人っていうのは、その会社に興味があるってことだから、対応次第では好きになってもらえるってことなのかな?

 

もう俺とかクレーム言う時間とエネルギーがもったいないから、よっぽどのことじゃないとそのままスルーしちゃう。でも、中には本当に「俺は客なんだからよー!」みたいな上から目線でいくやつもいるからなー。こういうやつはマジで嫌い。

 

この本、Amazonの評価も非常に高い! 2000件以上のクレーマーと対峙してきた豊富な経験があるからか、すごく具体的で為になったというコメントばかりだった!

 

特に面白そうだったのが、「露天風呂に虫が多い!」のクレームに「虫だって温泉が好き」の看板で応戦というエピソード。こんな看板を出されたら、クレーム言った人も、クスっと笑っちゃうだろうなw

 

笑わせるっていうのは芸人の経験も生きてる気がして、この人の人生設計の無駄のなさが羨ましい。自分の持ってる力を違う仕事にも活かしていくと上手くいくんだな。

 

俺なんか、小売業からなぜか、ネジ工場みたいな畑違いのところに転職してあまりのブラックさに身体をやられたっていうねw

 

 

心をつかむ!誰からも好かれる話し方―魔法のコミュニケーション38

 

クレームだけではなく、日常で使えるコミュニケーション能力を向上させる本もあった。よく内容を端折って話してしまい、自分の気持ちを上手く相手に伝えれないので、これ読んでみようかな。こちらの本の評判も非常に良かった!

 

どんどん谷厚志という人に興味が湧いてきました。あとは、ホンマでっかを見てからまた感想を書かせてもらおうと思います。人気が出て、芸人復帰とかしたらウケるねw

 

 

追記

f:id:yuhei2261:20170909195642j:plain

100回謝れおじさんのエピソードを話すと、さんまさんから「元落研ですか?」というコメント。さんまさんも認めるトーク力! 

 

f:id:yuhei2261:20170909200403j:plain

シェフの気まぐれサラダが、最初行った時は納得のいく仕上がりだったけど、次行った時はショボくて、気まぐれすぎるというクレームは笑ったw

 

実際に対応する谷さんは大変だっただろうけど、クレームってあとから話す分には、面白いネタになるんだなと発見できる回でした。