GJ

芸能情報ブログ

ウチの夫は仕事ができないの最終回までの感想!錦戸松岡夫妻の社会サバイバルが始まる

f:id:yuhei2261:20170504111727j:plain

スポンサードリンク

 

 

どうも、gjです。

 

 

お腹がゆるくてトイレから出られない。

く、苦しい。

 

 

何か悪い物食べて当たったのか?

と思いたいけど、これは違う。

いつものやつ。

 

 

こういう体質になったのは、

ブラック企業に勤め、

ボロボロにされたせいでもある。

あのクソ上司めー(怒)

 

 

ということで、

会社を辞めたいと思ってる主人公のドラマ

「ウチの夫は仕事ができない」

について書いていきます!

 

 

 

キャスト

まずはキャスト紹介。

 

小林司(錦戸亮)

イベント会社「マックスエンターテイメント」勤務。

イケメンだけど、仕事ができない。

 

 

小林沙也加(松岡茉優)

司の妻。

思い込みが激しくパニックになる場面も。

 

 

土方俊治(佐藤隆太)

司の職場のチームリーダー。

仕事人間で、意地悪そう。

 

 

黒川晶(壇蜜)

司の上司のキャリアウーマン。

 

 

田所陽介(薮宏太)

司の後輩で、

司を下に見るムカつく男。

 

 

町田あかり(イモトアヤコ) 

沙也加のマタ友。

 

 

小林みどり(江口のりこ)

司の姉で、

しょっちゅう家に来る小姑。 

 

  

 

他のドラマに比べると、

ベテランが少なく

若いキャストだなという印象。 

イモト、女優業も頑張ってんなーw

 

 

 

あらすじ

今作は、見た目よし、

学歴よし、収入よし、まさに“理想の夫”

だったはずの錦戸演じる

主人公・小林司が、実は職場で

足を引っ張りまくりのお荷物社員だった…

というストーリー。

 

 

「できる夫」と信じ込んでいる妻に

お荷物社員ぶりを知られてはならない

と奮闘しながらも、繰り返す仕事のミス、

屈辱、部下から向けられる軽蔑の視線に

「会社辞めたい」、もう限界と思った時、

妻の妊娠が発覚する。

 

 

夫婦2人3脚の、笑って泣ける

お仕事ホームドラマとなっている。

 

 

まずストーリーを見た印象は、

美男美女なんだから少々は我慢せい!

ってこと。

 

 

見た目、学歴、収入のどれか一つでも

突出してるならそれでOKじゃないか。

それだけで、誰か求めてくれる人がいる!

 

 

錦戸くんの場合は、

イケメンというのはパーフェクトだから、

例えヒモ男だとしても

いくらでも需要はあるでしょ!

 

 

働く難しさと、

夫婦で共に頑張る姿が見られると思うけど、

少し怖いのが妊娠

 

 

仕事を辞めようとしてたら、

妊娠しちゃったよ〜ってことは、

赤ちゃんができなかったら

彼女と別れるつもりだったのかな?

 

 

  

人間の価値は仕事で決まる? 

このドラマの内容を見て思ったのが、

“人間の価値は仕事で決まる” 

 

 

大人になってきて思うのは、

「イケメン < 金持ち」

金持ちの方が、パワー的に上だと思う。

 

 

ドラマの錦戸くんは、

仕事ができないということだけど、

部下からの軽蔑ってのはたまらんなー。

年下の上司とか、想像しただけで吐き気がする。

 

 

会社なんて、権力争い。

自分より仕事のできないやつを、

笑って暇潰しするような会社ばかりでしょ。

 

 

俺みたいな非イケメンで

仕事ができなかったら地獄だよ。

 

 

残されたチャンスは、

お金持ちになることだから、

必ず叶えないと生きてけねーぞ、俺。

 

 

 

錦戸くんがオナラ? 

f:id:yuhei2261:20170504114745p:plain

松岡茉優が、「心配」とコメント。

何かというと、

錦戸くんがよくオナラをするという!!

 

 

ドラマの1話目で屁をこき、

早く打ち解けたいと言うのですw

 

 

ドラマで、

リアルなオナラをかますようなことがあったら、

ジャニーズの歴史に名を残せるね。

錦戸くんなら、きっと許されるだろうから、

楽しみに待ってます!

 

スポンサードリンク

 

 

最終回までのネタバレ感想

・1話 

・2話

・3話

・4話

・5話

・6話

・7話

・8話

・9話

・最終回

 

感想はドラマが始まり次第、

追加していくのでお楽しみに!

  

 

オススメ記事

gj.hatenablog.jp

 

gj.hatenablog.jp

 

gj.hatenablog.jp